お知らせ

協会案内

法人名
一般財団法人 伝統文化保存協会
所在地
京都市左京区吉田河原町14番地近畿地方発明センター内
電 話  075-771-1877
FAX 075-761-0689
E-mail : denbun@bz01.plala.or.jp
理事長
伊東 久重

事業概要

 日本に京都が在ってよかったといわれ、世界の人々憧憬の文化都市京都の中核となるものは、平安王朝以来千年の久しきにわたって宮廷を中心にして育まれ洗練された儀式典礼をはじめ日常生活に及ぶ雅の文化であります。
 伝統文化保存協会は、この京都の雅の伝統文化の伝承を目的として設立されました。
日本の誇りであり、世界に類のない貴重な文化として顕彰し保存し伝承して行くことを業務とし使命としています。

沿革

 伝統文化保存協会は平安王朝を頂点とする日本文化の花園ともいうべき京都の地において、千年の久しきにわたって宮廷を中心として発達した儀式典礼をはじめとする京都の雅の文化についての調査・研究を目的として昭和30年8月、京都御所の安政年度造営100年を記念して志を同じくするものがあい寄り設立したものです。
 同年11月には祇園歌舞練場において「宮中文華典」を開催して研究一端を披露し、広く国民に多大の感銘を与えたことは特筆すべきでしょう。
 昭和31年11月仲秋の季節に京都市二条城創建350年を記念して京都市ならびに毎日新聞と共催のもとに二条城において「京都文華典」を開催して国民の有職文化についての関心を高めました。以後有職文化の発展に貢献するとともに、宮廷を中心として伝統的に行われた葵祭行列の復活、衣紋道等古儀の保存伝承に尽力しております。

役員(令和元年7月11日現在)

理事長
伊東 久重
理 事
白井 常雄
大角 亜紗子
安田 勉
黒田 幸也
香月 義之
監 事
熊谷 範子
評議員
守口 文蔵
荒木 泰博
島嵜 周二
芦田 友秀
吉川 千代光
内山 猛雄
岡本 俊昭
加藤 充則
松下 ひろ子